映画「十二人の死にたい子どもたち」DVD 予約特典・発売日速報

2019年1月25日に劇場公開された杉咲花、橋本環奈、高杉真宙、新田真剣佑ら出演映画「十二人の死にたい子どもたち」のBlu-ray&DVD発売日については、まだ発表されていません。
予約最安値価格、特典、レンタル開始日など、わかり次第いち早くご紹介します。
映画の感想や評価などもご紹介していますので、チェックしてみて下さい。

動画

発売日

  • 未定

参考価格

  • -円(税抜)

通販サイトの価格比較

※予約受付はまだ始まっていません。

楽天市場

楽天市場の売り場へ行く

ヤフーショッピング

ヤフーショッピングの売り場へ行く

Amazon

Amazonの売り場へ行く

映画「十二人の死にたい子どもたち」Blu-ray・DVDに対する期待度は星何個?

みんなの評価

映画「十二人の死にたい子どもたち」の感想・評価まとめ

想像通り笑う場面とかは全くないけど、グロいとかそういうのじゃなくて安心。どんどんナゾが解かれてくのがおもしろかったし、メッセージ性のある映画で、観に行ってよかった作品でした🎬

原作をまだ読んでいないのでストーリーが異なるのかどうかわかりません😅…が面白かったです。予想外の結末でした。

原作を読んでから見に行ったので一人一人の心情や映画では描かれていない部分も自分で想像しながら見ることができてとても面白かったです😳若手俳優陣たちの名演技も素晴らしかったです!☺️🙌🏼 主題歌も映画にぴったり合っていました

十二人の死にたい子どもたち、内容が内容だけに万人におススメは出来ないけど謎が話し合いにより徐々に明らかになっていく構成めっちゃ好きなので凄く好きなやつでした。原作読みたい。

十二人の死にたい子どもたちの余韻にまだ浸っている… みんなの演技がほんとやばかった… 一瞬も目が離せなかった…

予告編で抱いた勝手なイメージと違っていましたが、ファーストシーンからラストまで目が離せなくて惹き込まれました(*’▽’*)

原作に忠実で期待通りだった……ちょいちょい削ってあったから、映画見ても是非原作も読んで欲しい

観終わった後も気持ち悪いのが残るようなドロドロした映画だと思ってたら、全くそんなことはなくてすごく面白かった。なんだろう。実写版名探偵コナン的な。

まぁそうだよなって話の展開だったし、初めからこういう話なんだろうなってのは直ぐ分かったしでそんなに捻りある展開とか特になかったけど分かりやすいメッセージ性だったのは良かったと思う ストレートに何を伝えたいかってのは明白だったから見やすくはあった

若手俳優の競演。見どころはそれに尽きる。そして、杉咲花が特別だということがよく分かる。

劇場公開日

冲方 丁さんの小説「十二人の死にたい子どもたち」が実写映画化され、1月25日に全国の劇場で公開されます。

本作のメガホンをとるのは、『TRICK』や『SPEC』シリーズなど数々の大ヒット作を手掛けてきた堤幸彦監督です。
これまでミステリー作品を多く作ってきた堤幸彦監督が、どう描いていくのかとても楽しみですね。

「集団安楽死」を望む12人の少年少女。そして、それを阻む謎の13人目の死体。"死ぬ"とはいったいどういうことなのか、どんな展開をむかえるのか、想像できない衝撃のミステリー映画になっていますよ。

あらすじ

その日、12人の未成年たちが、安楽死を求め廃病院の密室に集まった。「みんなで死ねば、怖くないから」
ところが、彼らはそこで13人目のまだ生あたたかい死体に遭遇。
突然の出来事にはばまれる彼らの安楽死。
あちこちに残る不自然な犯行の痕跡、次々起こる奇妙な出来事。
彼らだけしか知らない計画のはず。
まさかこの12人の中に殺人鬼が………?
死体の謎と犯人をめぐり、疑心暗鬼の中ウソとダマしあいが交錯し、12人の死にたい理由が生々しくえぐられていく。
全員、ヤバい。気が抜けない。
いつ誰が殺人鬼に変身するのか!?パニックは最高潮に。
彼らは安心して“死ねるのか”怯えながら“殺されるのか”
監督 堤幸彦監督が仕掛ける、出口無しのノンストップ未体験・密室サスペンスゲームの幕が上がる。

引用 – 映画「十二人の死にたい子どもたち」公式サイト

死にたい、だけど殺されたくない、12人の少年少女が中心のこれまでになかった映画です。
杉咲花さんや橋本環奈さん、高杉真宙さん、新田真剣佑さんなど、若手の人気俳優陣が多数起用されていますよ。
この映画の注目ポイントの1つは、12人の死にたい理由です。
死ぬときまで誰かに利用されたくない、という理由や死ぬときは一番美しい姿でいたいと思うから等、さまざま。
死にたい理由も、立場も全く違う12人は最終的に全員で安楽死をするのでしょうか。それとも、正体不明の殺人鬼に殺されることになるのでしょうか。
全く想像できないラストをどう迎えるのか、ぜひ劇場で確かめたいですね。

キャスト

安楽死の集いの開催者であるサトシを演じるのは、高杉真宙さんです。
原作のサトシは14歳で中学生という設定でしたが、原作では高校一年生に代わっていますね。
サトシの死にたい理由は『僕は死に取り憑かれてしまった』からです。

そして、薬や医療機関の知識をもつ高校三年生のシンジロウを新田真剣佑さんが演じます。
彼の死にたい理由は『自分の死は自分の意思で決めたい』から。
堤幸彦監督も太鼓判を押すほどの新田真剣佑さんの演技に期待です。

今話題の女優・杉咲花さんが演じるのは、クールで理知的な高校三年生のアンリです。
死にたい理由は『自分は生まれてこない方がよかった』から。彼女の過去にはなにがあったのでしょうか。とても気になりますね。

そして、公開間際にやっと正体が分かった橋本環奈さんが演じるのは、人気女優のリョウコです。
『死ぬときまで誰かに利用されたくない』という理由で安楽死を希望するリョウコ。天才子役として小さいころから芸能界にいたということでなかなか闇が深そうです。

その他、北村匠海さんや吉川愛さんなど多くの豪華キャストが脇を固めていますよ。

杉咲花
新田真剣佑
北村匠海
高杉真宙
黒島結菜
橋本環奈
吉川愛
萩原利久
渕野右登
坂東龍汰
古川琴音
竹内愛紗
とまん

主題歌

映画「12人の死にたい子供たち」の主題歌は、スウェーデン出身のロックバンド・The Royal Conceptの『On Our Way』です。
この楽曲は、2014年にリリースされたアルバム「GOLDRUSHED」に収録されています。

コメントを残す